« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »

一道万芸に通ず!

自分は昔から仕事上いろんな方たちとお話しする機会が多かったのですが、最近はツイやFBでの会話も多い。

会話の中でなんとなく、いろんな共通点本当に多いなあって感じていました。

先日、リサイクル本屋さんに行ったところ、たまたま目にとまった本がありました。

「偉人、名将の言葉」という本です。

そこで目に入った言葉があるんです。

それがこの言葉!


一道万芸に通ず!

これは宮本武蔵の五輪の書の言葉との事。

この本によると…

「自分が今までに苦労して体得した剣の道は、あらゆる道に通ずる。その鍛錬の結果が絵画や彫刻をも可能にしているのだ」…と

「1つの事に集中してそれを体得すれば他の部門に応用できる!」という事!!

これだ!
自分が最近感じているのは…

そう思いました。

自分もまだまだ”体得”だなんて恐れ多い事ですが、似たような感覚。
皆さんも感じた事有りませんか?

もしかして宮本武蔵は本当に凄い方ですが、自分はまだまだ!って思っていたのかも…

やはり生きている限り、勉強の連続であると思うんです。

その道を極めるなんて、とても大変な事。

人生のテーマです。

本当に偶然こんな言葉に出会うなんて人生って大変だけど面白い!

これからもいろんな事を前向きに考えよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

看板を背負うという事

今回のテーマは看板を背負う!

何?って感じるかも知れません。

実際にツイッターでも流した内容です。

看板とは…それぞれ、持ち場、立場、という事だと思うんですよね。

社会人なら、その会社の看板を背負っているんだし…

学生なら、その学校の看板背負っている。

表彰を受ける、資格を取る、…と言ったらきりがありません。

看板を背負ってる以上はその看板に見合った行動をしなければならない。

だから同じ看板を背負っている人の迷惑にならないようにしなければならない。

たった一人の行動によって、その看板は良くもなり悪くもなる。

良い方なら良いが、

悪い方は全体に迷惑をかけ信頼回復に時間がかかる。

だから看板は難しい。

自分ひとりだけ良い!では済まされないんです。


現在は国のトップから自分の保身の為の動きになっており、トップがそれでは、
みんなに伝染するにきまっているではないか!と思う。

錆びれている看板!

世の中ねじ曲がっていくのがもどかしい。

何とかならないものか?

今日はここまでにしておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »